めかぶの栄養たちで勉強!

健康効果抜群!豊富な栄養を含んだめかぶ

めかぶとは、わかめの根に近い部分にある比較的分厚くひだ状になっているもののことをいいます。主に食べるために用いられ、独特の粘りと磯の風味を楽しむことができます。めかぶには非常に多くの栄養が含まれており、その健康効果が注目されています。例えば、ヨウドやアルギン酸、フコイダン、フコキサンチンといった成分には、人体の免疫力を上げ、癌の発生を抑える効果があるといわれています。その力は、抽出した液体を癌細胞に注入すると、およそ70パーセントから80パーセントもの癌細胞を消滅させるほどのものがあります。さらに、フコイダンには血圧や血糖値やコレステロールの上昇を抑えたり、動脈硬化の予防やピロリ菌を除去して胃潰瘍などができるのを防ぎ、育毛を促進したりダイエットにも有効であるなど、極めて優れた効能効果があります。また、食物繊維もたくさん含まれているので、整腸作用があり、それによって体臭が消えるともいわれ、肌の乾燥や肌荒れを改善させることができるなど、美容効果も抜群にあります。このように様々な能力があるので、健康食品や美容品にも用いられているのです。めかぶは日常的に食べることで効果を感じることができます。一日7グラムほどが十分な量となっていますので、積極的に食べていくと良いでしょう。

めかぶで代替医療の効果があるのか?

メカブにはアルギン酸やフコイダンなどの成分含まれており、癌を抑制する効果があると言われています。癌をもつマウスにメカブのエキスを注入した結果、癌細胞が消滅するという結果が出ており、近年では、癌治療の代替療法に用いられるようになりました。癌は不治の病と言われた時代があり、現在では医療が先進化し、高度な医療技術で治療が行われるようになると、癌が治癒可能なものとなったと言われていますが、発見された時にすでに進行している癌患者の完治は今だ難しいもので、初期での発見で治療可能となったと言いかえた方が良いのでしょう。そこで、ステージ4の癌を患う人への第二の選択肢として代替療法がクローズアップされるようになりました。フコイダンは硫酸多糖の一種で昆布やワカメなどの褐藻類に多く含まれる食物繊維でとくにワカメの付着器の上部をめかぶと言い、ここの部分の粘々成分が癌を抑制する効果があるとして代替医療でもサプリメントなどとして使われます。西洋医学的見かたから言えば、医学的根拠が乏しいとも言われていますが、そもそも代替療法は標準治療が不可能な患者の選択肢であるため、現在の治療の上乗せとして考え、試みることに意味があると言えるのでしょう。

pickup

薬剤師 転職 比較
http://www.bastille-linux.org/choice/
ダンス学校
http://dancermatome.com/guide/
専門学校 横浜
http://www.ydc.ac.jp/
ネズミ駆除
http://www.0123rat.com/
大阪 ネイルスクール
http://nails-shine.com/

最終更新日:2016/6/23

>>上部へ<<